スクリーンショット 2015-08-15 14.02.23

『爆笑ファクトリーハウス 笑けずり』から考える、「ガチ」と「ヤラセ」【バラエティがまだ在るなら】


※最新の感想はこちら。

NHKが『爆笑オンエアバトル』が終わってから、ついに若手向けのお笑い番組を初めました。

番組名は『NHK 爆笑ファクトリーハウス 笑けずり』。

地上波の放送ではありませんが、力の入った番組でした。番組紹介を読みますと、

250組が参加したオーディションで選ばれた9組の若手芸人が、富士山のふもとで共同生活。
毎週、先輩芸人の指導を受け、日夜ネタ作りに励む。
しかし、彼らには試練が。毎週与えられた課題を審査され、毎週1組ずつ、落とされていくのである。
芸人のテッペンを目指す若者たちの汗と、涙と、笑いのドキュメンタリー。
それが「爆笑ファクトリーハウス 笑けずり」である。

ということで、ざっくりと説明すれば「爆笑オンエアバトル feat. テラスハウス」と言えば伝わるでしょうか(笑)。リアリティ番組です。

スクリーンショット 2015-08-15 14.02.23

ガチとヤラセのせめぎあい

それで、こういう番組になると、真っ先に浮かんでくるのが「ヤラセ」です。

古くは『ガチンコ!』(今思うと、ガチガチに台本があるのを見せといて「ガチンコ!」って、もう色々と感動してしまいますね)とかが有名ですよね。そういえば漫才版もありました(足軽エンペラーというのがあってだな…)。

本当のドキュメンタリーは退屈で、ドラマ性が欲しくなる。だから、無理矢理ハプニングを起こしてドキュメンタリーっぽく見せる。リアリティ番組なら必ずあることです。

この『笑けずり』もリアリティ番組ですから、当然、こういった「ヤラセ」が起きる可能性はあります。たとえば第2話以降を妄想してみましょうか。

あるコンビがネタ作りでぶつかり、嫌な雰囲気になったまま漫才を披露する。なんとか予選は突破するも、その後もコンビとしては噛み合わない漫才が続く。しかし、ある先輩漫才師からのアドバイスを受け、決勝直前でようやく「目指すべきお笑いが分かった」と結束を固める2人。最後は本当にやりたかったお笑いを表現して、見事優勝!

00年代でもバレそうな台本ですが(笑)、こういうことが有り得ない、とは言えません。というか、我々はどれだけガチンコの場面を見たとしても、どこかに「ヤラセ」を見つけて/探してしまうものです

100パーセントの本気/演技は存在しない

これは立場の問題ですが、リアリティ番組であろうがなかろうが、「ヤラセ」は絶対に存在する、とコボリは考えています。

そう思っている理由はとても単純で、カメラが回っているからです。レンズが写した被写体はどのように行動しても幾分のヤラセを含みます

たとえば、上述したヤラセの例。これをNHK側から芸人に提示されなかったとしとも、芸人たちが自身の判断で動く可能性があるということです。いや、むしろこっちの可能性のほうが高いでしょう。

繰り返しますがこれは立場の問題です。「右翼と左翼」みたいな危険なモンじゃないですが、バラエティ番組の視聴者を二分するような基準かもしれません。

さらに、もう少しこの考え方を深堀りすると、「ヤラセは絶対にある」というテーゼから逆説的に「ガチンコも絶対にある」ということが導き出せる、ということにも気づきます。

つまり、どれだけガチでやっても演技してしまうならば、どれだけ演技をしても幾分のガチンコは混ざるんだ、ということです。ケンカしている内に本気になったり、ヤラセを仕掛けたがクチャクチャになって苦笑いしてしまう、とか。いくらでもありますよね。

何度も繰り返しますが、これは立場や考え方の問題なんで、まったく合わない人もいるはずです。極論ですが、コボリは『NONFIX』にだって数ミリのヤラセがあり、『ガチンコ!』や『テラスハウス』にもガチはあると思っています。

『笑けずり』初回の感想

そういった意味で、この『笑けずり』も同じく、幅広い意味でのヤラセとガチが共存している番組だと思って視聴しています。そして初回は、とても面白かったです。

初回では、各コンビのキャラクタを説明したり、ネタをちょっと見せたり、番組の趣旨を説明したり、さらには実際に1組脱落させたり…。1時間でまとめるのは相当大変だったと思います。

しかし、それらが良いバランスでまとめられていて、あっという間の1時間でした。

なんといっても、各コンビのネタが想像以上に面白かったことは、本当にすごいです。第2話からは、先輩芸人がお笑いを教えることになるようですが、どんな風になるのか想像つかなくなってます。

いらんいらんの脱落

1つだけビックリしたのはいらんいらんの脱落で、こればっかりはめちゃくちゃガチでした。

というのも、『笑けずり』の脱落者を決める方法は、「参加コンビが一番つまらないと思うコンビを指名して脱落させる」という独特な方法です。

「芸人が芸人を投票する」ってのは、オンバトでは見られなかったことですし、「若手芸人が出演も審査もする」というのは初めてかもしれません。

番組内でも触れられていましたが、この仕組みは「一番つまらないコンビを落とす」ではなく「落としたいコンビを落とす」という政治的な戦いをさせてしまう可能性があります。『サバイバー』って番組が昔ありましたが、それに近いです。

その中で、各コンビが出した最初の答えが「いらんいらん」でした。理由は「ネタ見せのはずなのに、ネタじゃなくてツカミのようなことしかやっていなかったから」。おーマジか!

そんな訳でなんとなく残しておきたいキャラクタが真っ先に消えた、というのは凄いですよね。『ダンガンロンパ』というアニメを思い出しました(笑)。

初回はコンビ関係も薄いためにシンプルでしたが、次回からはもっと複雑な感じになるのかな。それはそれで楽しそうだけどやり過ぎは退屈だなー、というワガママな気持ちになっています。


というわけで、『笑けずり』は要チェックな番組だと思いました。NHKのバラエティ好きならぜひ一緒に。では。


8 Comments

  1. 第2回放送観ました。
    中川家の授業後、明らかに面白くなったコンビがいて変わるものなんだと感心しました。
    お笑い好きならチェックして欲しい番組ですね。

  2. コメントありがとうございます。マイナスターズの方ですかね?(笑)。

    2回目、すごい良かったですね。
    この記事で書いた「ガチ/ヤラセ」以上に、たいへん「真面目」な番組で、
    とても好意を持ちながら観ています。

    にしても、ツカミ大事でしたね。あらためて面白かったです。

  3. コメントありがとうございます。
    マイナスターズ信者なのがバレて恥ずかしいです。
    となりのシムラ第2回も素晴らしかったし、
    NHK からテレビもまだまだ面白いんだと
    いうメッセージが伝わってきました。

    1. 私もガンガンに信者です(笑)。というか、さまぁ〜ずだけいれば正直何も要らない、ぐらいの気持ちです。
      (「前を向いて」が本当に名曲なんですよねー!)

      となりのシムラ、面白かったですね。面白かった、としか言いようのない感じもありました。
      コントがちゃんと見れることに感謝しないと、という気持ちになります。

  4. 「笑けずり」、第3回まで放送されましたが、各回、いろいろと色があって面白いですね。一方で、徐々に、各組の面白さの序列が定まっている感もあります。この序列が、無理なく、違った展開を見せるような形になると、もう一段面白くなるかなとも思っていますが。
    放送がNHKということで、所属事務所が必要以上にクローズアップされないのも、今のところはいい方向に作用している気がします。視聴者の反応によっては、シーズン2とかも出来そうですね。

    1. もみあげ魔神さん、コメントありがとうございます。非常に共感させられました。
      そちらのサイトも拝見いたしましたが、趣味が似てそうですね。
      (なんだか90年代みたいなコミュニケーションで始まってしまいました・笑)

      「各組の面白さの序列が定まっている」感、とてもありますよね。アルドルフはちょっと噛ませ犬っぽさがありすぎて可哀想でした(他のコンビとくらべても実力差ありすぎる)。
      2回の中川家で「こころ」が爆発したみたいに、あの先生との出会いで! みたいなのがあったら面白いかもしれないですね。
      できるかぎりネタ(とネタの成長)を見たい、というのが自分の気持ちです。

      あと、吉本以外の講師が見たい!!(笑)

  5. ご返信、ありがとうございます。
    自分のブログは、細々と(ただ、無駄に長く)続けている感じです(^^)。
    他記事も、いくつか興味深く読ませていただいたのですが、「THE MANZAIはM-1を殺した―中川家から博多華丸・大吉まで」は、「あっ、正解が書いてある(^^)」と思ってしまいました。
    「笑けずり」は、確かに、バイきんぐの講師の回は、一体どんなことを言うのか、かなり楽しみですね(あと、西村は喋るのか(^^)も)。

    1. 恐れ入ります。
      最近、お笑い批評がダサいことになっているような気がしますが、まあ好きは人は相変わらずでよかったです(笑・もう自分で書いて自分で読むしかない)。

      バイきんぐ講師の回、セカンドシーズンでもいいから見てみたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA