『キングオブコント2015』感想――コントの他殺(疑惑)と自殺(未遂)


ネットライターの皆様におかれましは、「ああ、なぜロッチが優勝しなかったんだろう」と、お気持ち察します(その理由は単純で、「キーパンチが簡単だから」ですが)。

そんなわけで、一番キーパンチの面倒なコロコロチキチキペッパーズが、2015年のキングオブコントの優勝を勝ち取りました。

ネタが2本とも面白かった唯一のコンビで、彼らの優勝に文句はありません。

で、そういった個々のネタの感想はtwitterに譲るとしまして(後述)、ザックリと全体の感想と批評を載せておきます。

本当はじっくり書きたいんですけど、ネットの消費スピードに合わせるようにするなら、このタイミングでの投稿がギリギリなんですよね(笑)。アクセス数に俺は魂を売るぞ(20ビューぐらいのために)。

審査システムの変更による、キングオブコントの変更

昨日、「コント」が「キング」になるかもしれない日〜『キングオブコント2015』前夜という記事を書きました。

上の記事の主張は、松本人志が審査員席に座ることで、この大会の権威性が高くなり、ひいては「コント」が「漫才」より高い位置に来るのではないか。そういう革命が起きるかもしれない、というものでした。

で、結果ですが⋯⋯

まったくの勘違いでした(爆死・久々に思い出して使ってみた)。

むしろ逆に、「松本人志ですら、番組の構造には逆らえないのだ」という深いテーゼが自身の肝臓あたりに染み渡りました。

M-1とKOCの比較

時間の影響で詳しく説明できず恐縮ですが、『M-1』と今年の『キングオブコント2015』(以下KOC)を比較すると、たとえば以下のようなことがあります。

  1. M-1は、どれだけバラエティに寄っていても根底に「真剣勝負」感が強くあった。KOCは、松本人志が審査こそしたが、いまだにバラエティ番組の匂いが強かった。
  2. 司会は、M-1が今田耕司、KOCが浜田雅功。彼らの違いは、キャリアを原因とする審査員との距離感。つまり、M-1は審査員(島田紳助)が番組を引っ張っていくのだが(今田はフォロー役)、KOCは司会が番組を引っ張っていく(つまり普通の番組、である)。
  3. KOCの観覧が、『アメトーーク!』にいそうな娘ばかりだった。M-1の観覧は、お笑いに対して一家言持っていそうだった(顔が映ってないからそうイメージさせられる)。

これらから推察するに、『キングオブコント』は決して『M-1』を吸収合併しようとした訳ではない、ということです。

むしろ、松本人志が審査したのにも関わらず/審査したからこそ、番組がよりポップさを帯びていました。

私が考えているより『キングオブコント』はもっとピュアで、天然で、正直なところ、

「ゴメン。でもなんで⋯⋯今になって審査システム変えたの?」

と、その理由が最後まで掴めませんでした。

「あれ? もしかして⋯⋯、前のシステムのほうがマシ?」みたいな(笑)。

視聴者側のシステムの変更

もうひとつ、上のこととも絡みますが、まずは独立して書いておきたいことがあります。それは、ほかならぬ私たちの視聴態度です。

これ、恥も外聞も無く書いてしまいますが、今回ほど自分の感覚と審査員の感覚と一般の感覚が一致したことはありません。(※1)

これが「素人(と私)の視聴レベルが芸人並みになってきたんだ」っていう牧歌的な認識で終わればいいんですけど、あまりそうとも思えませんでした(笑)。

むしろ、コロチキのネタを見て笑ってるとき、「ああ、これぐらいのネタで爆笑するのが今っぽいよね」という、ある種の悲観を伴った笑いが自分にはありました。

ちゃんと言えば、それは「ストーリー性の無さ」と私たちの相性がどんどん良くなっている、「ひねくり回したネタは見たくない!」というか、もっと極端に「ストーリーなんて要らない! だって面倒だもん!」というような空気です。

で、この空気に「そうだよ! その通り!」って人と、「まあ⋯⋯、時代⋯⋯、じゃないですか(笑)」って人と、番組内の空気を感じ取った審査員が合わさった結果、今回の優勝者が決まった。

コロコロチキチキペッパーズが面白いのは間違いないのですが、今回の『キングオブコント』は正直なところ、コロコロチキチキペッパーズ的なものに凌辱されたような(言い方キツいですかね? 雰囲気を察していただけると⋯⋯)大会だ。というのが全体の感想です

(※1)藤崎マーケットだけは別。1本目のネタで480点ぐらい貰ってもよかったでしょ!

ドラマとコントのマリアージュは可能か?

最後に、今回のKOCで気になったのが、各コンビの紹介Vの「うるささ」でした。

コントは漫才と違って、芸人が本来持つキャラクタと関係ないことを演じたりすることが可能です。だからこそ、コントには無限の可能性があります。

なんですが、そういったコントの前に芸人のドラマをバリバリに見せられると、ちょっとした違和感が残ることもありました(今年に限ったことではないですが、なんか今年は特に感じた)。

たとえばザ・ギースは「念願の再チャレンジ!」みたいな感じでしたが、そこであのネタをやられると、ほんの僅かですが咬み合わないところが出てきていたように思います。

逆に、これを上手く使っているなと毎回思うのが巨匠です。コントで演じるキャラクタと実際のフリートークのキャラクタがほぼ一致している、というコスパの高い(笑)コンビです。

これについては、昨年のV振りがどれくらいの時間だったかなども計測して、詳しく見てみましょうか。

twitterの雑な感想群

こんな感じです。今回は巷で大流行のSEO対策、ってことでバーッと書いてしまいましたが、一つお願いいたします(笑)。もう少し考えが固まったら、また書きます。

最後に、twitterに書いた番組のリアルタイム視聴の感想の抜粋です(録画なのでCMは飛ばしました)。

なんだか2008年ぐらいの感じがして平和ですねー。まだ戦争を遠くに感じていた、あの頃です。では。



4 Comments

  1. 冒頭からずっといつも以上に浜ちゃんが楽しそうなのが面白かったです。
    結果発表の声も弄られるの嫌だから、張りあげないって言ってたのにw

    天丼型といいますか、志村けん型といいますか、決勝進出したネタがストーリー物では無いというのが発見でした。
    そして、だいじょうぶだぁやバカ殿は今もなお現役で通じそうなコンテンツということに驚愕です(今も低年齢層の視聴率が高いらしいです)
    一時期のM-1が手数勝負になったように、KOCもストーリー性を持たせるならフリは短いもの、もしくは天丼型のネタが増えるのかもしれないですねー

    1. 「結果発表!」の件、あの放送回から鉄板になっちゃいましたよね(笑)。

      > 一時期のM-1が手数勝負になったように、KOCもストーリー性を持たせるならフリは短いもの、もしくは天丼型のネタが増えるのかもしれないですねー
      またしくコントの「M-1化」というか、「フリが短くなる」ってのは有り得そうですよね。
      「準決勝の芸人が審査する/レジェンドが審査する」以上に、観客の声に左右されやすいことが気になりましたね。
      (まあ、審査員ひとりずつを個室に閉じ込めて審査させない限り、何かしらの外部要因ははたらきますけれど・笑)

      これまでのKOCが好きな人は「終わった」と言っていますが、自分にとってはある意味「始まった」ような気もしています。
      来年のKOCが本当に気になるところです(毎回こうですけれど・笑)。

  2. 以前に高橋維新さんの記事にコメントさせて頂いた者です。
    『THE MANZAIはM-1を殺した』の記事は完璧だと思っているんですけど、

    とりあえずそれは置いといて・・・また、維新さんがキングオブコントの感想を書いてますよ!14日に!素人みたいな感想にまた吐き気がしそうになりました。
    できれば、また維新さんの記事をお願いします(笑)

    ただ私みたいなもんが頼むのもおこがましいので、コボリさんがお暇な時に、暇で暇ですることがない!って時にほんの少し考えて頂くだけでけっこうです。

    維新さんみたいなどうしようもない食材を調理するコボリさんのファンなので。

    1. コメントありがとうございます。
      高橋維新さんの「やっつけ係」ではないので難しいのですが(笑)、まあアクセス数に困ったらぜひやらせていただこうと思います!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA