(見向きもされない)1000人の福沢諭吉

「1000万」に価値を一切感じない大会なんて、誰が想像しただろうか。

11月27日。

別名義用の曲をつくる。キスシーンだけは完璧にイメージできたくせにデートに誘う言葉がまったく口から出てこないように、サビから生まれた曲ってのは宿命として「歌い出しがまったく決まらない」というペナルティがある。今回も完全にそのタイプで、今なんとかひねり出し、きっと明日からは「もっと違うパターンがあるよなあ」なんて考えながら車に轢かれそうになるのだ。

11月29日。

『ダイハード』を見る。童貞の友人が「俺はクリスマスになるといつもこれを見るんだ」と言っていたが、その気持ちもわからなくはない。

11月30日。

『ザ・ゴール』を読んだ。たまたま見つけて買って見たら、すべての仕事を放って200分間読みふけってしまった。「これは製造業界だけの話ではない」ってことは、きっと皆言っているだろう。自分も一緒だ。場合によってはブツとして買い直すかも(今回はkindleで買ったので)。

『ドキュメンタル』シーズン4第1話を見る。Amazonのバラエティは大体見ているが、『ドキュメンタル』はやっぱり他と次元が違うように思う。2015年のM-1を見て「松本人志からカリスマ性が失われた」ことを感じたが、それを逆手に取ったような番組/大会であることは間違いないだろう。「1000万」に価値を一切感じない大会なんて、誰が想像しただろうか(M-1もKOCも、今はそういった威厳はなくなったのだが)。

12月1日。

GTDツールをtoodledoからtodoistとtaskchute cloudに乗り換え。GTDを始めてからもう4,5年は経つだろうか。もうすっかりGTDのシステムがないと生きていけない人間になってしまった。それでタスクの整理中は、C.O.S.A × KID FRESINOの「Swing at somewhere feat.コトリンゴ」をリピート。

30秒間集中して音楽に向き合うことが難しい現代だが、なんとか150秒我慢して映像を見てほしい(別にこの150秒間が退屈だ、というわけじゃない)。そのあとのC.O.S.Aのラップがあまりにも一瞬で駆け抜けていき、はじめて知ったラッパーだけれど「きっとこれが最高傑作だ」と思うぐらいのバースをかましている。好きなフレーズはたくさんあるけど、ここで紹介するよりはまず音源を先に聴いたほうが楽しいはず。

あとやっとKICK THE CAN CREWの新作『KICK!』を聴けた。「あの頃のキックを」と心のどこかで思いつつ表面的には「2017年なりの彼らの音楽が聴きたい」なんて言っていたけど、まさかこうやって達成してくれるとは思わなかった。まだ一聴しただけだが「I hope you miss me a little」が一番刺さった。