N.E.R.D / ウッチャン

ここ最近のウッチャンは、もはや「面白さ」でなく「哀愁」とか「なつかしさ」のようなものが強すぎて、ちょっと気軽に見れるようなものではなくなってしまった(だから司会がちょうどいい)。でもそろそろ、10年代の内村光良のマスターピースのようなものが出そうな気がしている。たぶん舞台になるだろう。

12月18日。

『ザ・ゴール2』から『クリティカル・チェーン』 を流れで読破。10年前に大学で聞いたTOCがやっと自分の身近なテーマになってきた。あの先生が話していた内容がどんどん思い出されていく。

N.E.R.Dの新作が出たことをSpotifyで知り聴いてみたら最高だった。というか2017年の最高傑作で間違いなさそう。みんなの評価を読んでいないが「Kites」は交通事故に近いレベルの傑作だと思う(このブログの投稿までに100回は聴いてるかも)。


12月20日。

また熱を出す。「熱を出す」なんて朝飯前で、「あ、もう1ヶ月経ったのね」ってぐらいのもんだ。ただ最近は毎回高熱になってしまうのが惜しい。今回も38.9度という高スコアを叩き出してしまい、早々に退社。

布団に横になりながら『LIFE』を見た。放送日を覚えていられないのでたまに見ることになってしまったが、見るたびに感動でいっぱいになる。こっちのほうが発熱以上に病気だ。

ただ今回はそれも仕方なく、内村の出身地である熊本をテーマにした回で、内村が熊本に帰ってロケをするシーンがあった。自分も3年前ぐらいに熊本に行ってアーケード街を見てきたので、同じ道をウッチャンが歩いているだけでちょっとヤバかった。

ここ最近のウッチャンは、もはや「面白さ」でなく「哀愁」とか「なつかしさ」のようなものが強すぎて、ちょっと気軽に見れるようなものではなくなってしまった(だから司会がちょうどいい)。でもそろそろ、10年代の内村光良のマスターピースのようなものが出そうな気がしている。たぶん舞台になるだろう。

まだ寝れなかったので『ユージュアル・サスペクツ』も見た。映画史に残る傑作、なのかどうかは分からなかったけれどとても面白かった。たしかに2回見たくなった。


12月22日。

別名義の変名ユニット、というもはや「何をどう隠しているのか?」というツッコミは不可避であるが、とにかくDJとしてお呼びをかけてもらった。

自分のDJはともかく(いい感じのヒップホップでもかけようかと思っていたら、思わずハウスから始めてしまって勝手に焦ってた)、一緒になった出演者の方たちがとにかく良かったことは明記しておいたほうがいいだろう。

その中ではじめて見たのが「もつ酢飯」というヒップホップユニットだったのだが(DJ MOTSUと関係あるのかしら)、これが一番印象に残った。先週見に行ったCMBにも出ていたワッショイサンバさんとムノウさんのコンビで、二人のかけあいがとてもよかった。

やっていた曲を買えるか聴いてみたら無料とのことだったので、早速下のリンク先に飛んで音源を確保した。フリースタイルでもあれだけオリジナリティがあったのだから、曲はもっともっと期待していいと思う。

もつ酢飯はチョコレートマカロンの夢を見るか?

あとこの場でもUDFの簾ンデゲオチェロと一緒になり、本当に気の合う人だなと思った。自分で自分のことは理解できないので同じタイプかは断言できないけど、暗そうに見せて底抜けに明るいヤツってのはいつだって友達になれる。

帰宅後もまだ寝れないので、上のアルバムを聴きながら『クリティカル・チェーン』でも読んで睡魔を待つ。

プロフィール画像
コボリアキラ / kobori akira

ラッパー、トラックメイカー、DJ。
1989年1月6日の「最後の昭和生まれ、最初の平成生まれ」。

[プロフィール] [ディスコグラフィ]

お問い合わせ

ブログのご感想などお気軽にご連絡ください。