イッテンヨン、春一番、シュガーラッシュ

先週は新日本プロレスの『WRESTLE KINGDOM 13』を観戦。日付は言わずもがな。

ここ数年内藤哲也のファンで、それは今大会でも変わらなかった。ひとつ変わったのがクリス・ジェリコへの見方だ。大好きなレスラーである内藤哲也とここまで噛み合うなんて、まったく気づかなかったのだ。
クリス・ジェリコの挙動のひとつひとつが面白く、言い方を変えれば愛を感じた。きっと裏もあるだろうが、ビギナーにとってはリングの上が全てだ。


誕生日を経て、やっと30代に突入。こうやって振り返ってみると20代はなかなか悲惨なことが多かった。通過儀礼の世代だった、と言ってもいい。
そのなかでもやっぱり東日本大震災の影響は今でも残っている。ACのCMは忘れたけど(集団的な忘却としてこんなにすごいサンプルはないんじゃない?)、あのとき聞いてたキャンディーズの「春一番」はいつだって思い出せる。無教徒にとっての聖歌だった。

雪が溶けて 川になって 流れてゆきます
つくしの子が 恥ずかしげに 顔を出します
もうすぐ春ですね ちょっと気取ってみませんか
別れ話したのは 去年のことでしたね
ひとつ大人になって 忘れませんか
もうすぐ春ですね 恋をしてみませんか
もうすぐ春ですね 恋をしてみませんか


仕事をこなしつつ、JavaScript.INFOのチュートリアルも読み進めている。
やっとテストフレームワークの話までたどり着いたが、これからオブジェクトなのでまだまだ山はありそう。
とはいえ英語で読むことに対するアレルギーのようなものは、ほとんど消えかけてきた。

そういえば先日『シュガーラッシュ』を見た。第一作目。
新作の「オンライン」と比べると、真っ当ないい映画で困った。いつも通り2回ぐらい泣いて(これ周りに共感者がいなくて驚きますが「アニメが一番(同じ内容だとしたらドラマより)泣いてしまう」と思いませんか?)、あとは覚えていない。
ヒーローってのは空へ飛んで存在だけど、ラルフは地上へ落ちていくんだと解釈。

プロフィール画像
コボリアキラ / kobori akira

ラッパー、トラックメイカー、DJ。
1989年1月6日の「最後の昭和生まれ、最初の平成生まれ」。

[プロフィール] [ディスコグラフィ]

お問い合わせ

ブログのご感想などお気軽にご連絡ください。