M-1グランプリ2019/立川志らく/モンスターアイドル

このブログと並行して2つほどブログを立ち上げた。それぞれアメフトと英語自習に関するもの。

このブログのカテゴリのひとつとしても良かったのだけれど、はてなブログを一度使ってみたかったことと、SEO的な観点を試してみたかったことから別にすることにした。

ちなみにアメフトは11月ぐらいに立ち上げて既に30記事ぐらいを書いている。相変わらず読者は5人ぐらいだけど、エントリの平均文字数は4,000ぐらいあるだろう。ちょっとした執筆レベル。

英語自習のほうは、自分の好きなアニメのディクテーションを記録するサイトにした。今年中になんとかサイトとして成立するぐらいのコンテンツになれば。


そういえば上述のアメフトブログにかまけているせいで、『M-1グランプリ2019』の感想をブログにまとめていなかった。

お笑いの賞レースだけはTwitterを使ってリアルタイムでつぶやき続けているので、半分ぐらいは既に書いている通り。

ひとつビックリしたのは立川志らくが自分の想像よりも早くテレビにフィットしていたことだ(2019年はずっと「立川志らくが可愛くなるよ」と言い続けていた。彼を知らない人は当然理解していなかったし、彼を知っていると思っていた人は信じなかった)。

去年の彼ならすゑひろがりずに対して「こんな場所でやる芸じゃないよ」とか言うもんだと思っていた。それがまさか、かまいたちと上手に掛け合いながら大会に欠かせないピースとして働いていた。

志らくだって「コンプライアンス」にはこんなすぐに飲み込まれるような状況なのだ。とこのブログを書きながらあらためて衝撃を受けている。


たとえばその反動は、おそらく2019年の『水曜日のダウンタウン』の企画「モンスターアイドル」に出ているのだろう。

ああいった企画は苦手なので観なかったが(たぶんだけどあれBiSHってやつですよね。ハロプロ国で暮らしているせいか、どうにも肌に合わなくて)、きっとあれは「コンプライアンス」に対するささやかな反撃だったはずだ。

個人的にはそこにエネルギーを集中してしまったせいで、『クイズ正解は一年後』がおざなりにされてしまったのが残念。でもアイドル好き・バラエティ好きの人からすれば楽しい番組だったでしょう。


そういえば『M-1グランプリ2019』の話でもうひとつだけ。今年は「優しさ」みたいなのがテーマとして語られているけれど、とくに今年から注目するようなことではないことは確かだ。

むしろこれは逆なのだと思ったほうがいい。われわれが「いまは〜がトレンド」と言っているとき、そのトレンドはもう終わっている。

たとえばだけど来年は便所の落書きを漫才にするコンビが出てくるかもしれない。お笑いってそうゆうものやから。