NAT / 2000年の浜崎あゆみ / 真空ジェシカ

テレワークの合間を縫って、『Linuxで動かしながら学ぶTCP/IP入門』を勉強し終えた。

初心者向きの本だったので、なんとか半分以上は理解することができたし、実際にネットワークの仕組みをイメージすることができるようになった。学習の記録をまとめなおしてQiitaにもアップ。


コロナウイルスに対しては「感染するかどうかはもう確率に任せて、そういう日常を楽しもう」派だけど、それを後押ししてくれるのがavexが限定公開している過去のライブ動画配信だ。

その中に「2000年の浜崎あゆみのカウントダウンライブ」がある(「○○年の××」のタイトルとしての使いやすさよ)。これがとんでもなかった。

2020年基準だと「VHSか?」って思うぐらいの画質の粗さが素晴らしいこと。どの曲もなんとなく歌えること。フリコピをしているお客さんを見れること。何より「あゆが可愛い」ということ。

「evolution」は彼女の曲のなかで最も好きだ。どれくらい人気のある曲かわからないけれど、浜崎あゆみが唯一「カリスマ」でない曲だった気がして好きだった。

ちなみに残念なことに自分の音楽遍歴は、その後の「あゆ」とすれ違いすら起こらず、気づいたときには2020年の浜崎あゆみ(今年はまだ一度も見てないためまだ実在しない)になっていた。


「笑いが免疫を高める」という噂を信じて、めちゃくちゃお笑い動画を探しまくった結果、最終的に真空ジェシカに落ち着いた。