トイペのないオリンピック

2020年3月29日、日曜日。

都からの自粛要請が出ている。金曜日に品川シーサイドのイオンへ出かけてみたが、この前は「写真撮影NG!!」なんて立て札のあったトイレットペーパーのコーナーが完全に占拠されていた。とうとうお尻を紙以外の何か(配偶者が植えたチューリップの葉っぱとか)で拭くことを検討しないといけなさそうだ。

しかしその他は何ら変わりない。家から「出れない」ことのストレスは人並みよりは少なく、その時間を有意義に使うことも無意味に浪費することも、どちらもできる。前者は久しぶりに料理をしたし、後者は逆転裁判の4〜6や『メダロットクラシックス』をやりなおしたりした。

料理は『家事ヤロウ』に触発されて、和田明日香さん紹介の卵焼きを作る。海苔の佃煮と片栗粉を使って卵焼きモドキを作るのだけれど、海苔美味しいですよね、ということで早速。配偶者は卵を巻かないと(見た目的に)食べられないとコメントしていた。


オリンピックの延期や「お肉券」について。

みんな色々と日本のことを憂慮しているのだな、とあらためて思った。私はオリンピックが実施されようが延期されようがどうでもいいし(住まいの位置が会場と近いのでちょっとイヤなぐらい)、もし「お寿司券」を貰ったら近くのセブンイレブンでカラーコピーしてバラ巻くことを夢想するぐらいの頭の良さがある(自らへの皮肉)。

SNSでは政府やWHOの行動に対する文句が見られ、テレビではオリンピックの延期やオーバーシュート(邦訳すると「感染爆発」。こちらのほうがいいですよねえ)に関する話題が挙がっている。それよりも「トイレットペーパーが買い占められたまま、オリンピックが始まっていたらどうなったか」をバイキングとかで取り上げるべきだと思う。


ところでこの日記を、できるかぎりプレーンな形式で保存しておけるようにマークダウンで記述することにした。これまでも同じようにはしていたがRe:VIEW形式にも変換できるようにしたので、PDF化も簡単となった。

VSCodeをZenモードにできることも覚えた。今年の執筆環境はこれで完成かしら。