深夜の定点観測(納豆が優勝)

2020年4月12日、日曜日。

去年の夏に引っ越しをしたのだけれど、その決断がいい方向に転んだことを実感している。以前はほぼワンルームのマンションに配偶者と住んでいたけれど、この状態のまま外出自粛になっていたら辛かったかもしれない。それまでパーソナルスペースを外部に頼っていたから。

新しく借りた家にはロフトがついていて、こういった季節であれば苦なく過ごせることができる。ラップトップとKindleを持ち込めば、好きなだけ集中できる環境が手に入る。


ということで集中した結果、株プログラムがいよいよ完成。スクレイピングをする前提のため大々的に公開することはできないが、個人で使うぶんには十分なプロダクトになったと思う。

さっそくこれで「かなり割安で、自己資本比率も高く、少額で買える株」をあらためて分析してみた。結果としては次の企業がピックアップされた。(※6月提出分の解析はエラーになってしまった。不具合修正中)

  • 高橋カーテンウォール工業株式会社
  • Jトラスト株式会社
  • 日本乾溜工業株式会社
  • 株式会社グリーンズ
  • 株式会社エヌリンクス

分析の弱点は「直近2年の営業利益しか見ていない」ということだけれど、それは今後調整していけばいい。このドメインモデルをアプリケーションの中心として設計できたことが非常に大きいと感じている。上記の企業を買うかはともかく(軍資金は納豆に投資するかもしれないし)、今回のプログラムの成果としてチャートを見守るのがしばらくの間は楽しみになりそうだ。

またPythonのディレクトリ構成についての記事を書き始めた。なんとなく構成は頭の中で出来上がった。


緊急事態が宣言されてから深夜のパトロールが日課になっている。出歩く人は普段よりも当然すくなく、2,3人しかすれ違わない(だから2mルールも守ることができる)。

スーパーは、とうとうトイレットペーパーが深夜になっても在庫があった(当ブログは関係ないけれど、定番の生理用品は売り切れていた)。野菜類はだいたい残ってる。なぜか今日はしめじが売り切れていたから舞茸を買った。パスタはいまだに品切れ気味。納豆はまったく回復する見込みがない。納豆が恒常的に陳列されるようになると、すなわち今回の社会現象が次フェーズに突入したことを意味するだろう。

こんな定点観測をしているだけでも人生は面白い。誤解を恐れずに言えば、毎日がどんどん楽しくなっている、というのが実感だ。