日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信

2020年4月21日、火曜日。Faye Websterの新曲「In A Good Way」がリリースされていた。相変わらず良い声。歌い出しの声色は、何をやろうとしていたか一瞬で忘れさせてしまうぐらいの魅力がある。


体温計の電池が切れていたので買いに出かけたら売り切れていた。世界中にある体温計は、のきなみ電池切れのまま家に居座っていたのだろう。「トーストは、ピーナッツバターを塗った面がかならずカーペットに落ちる」みたいな、新しい摂理を発見した。


Kaggleはチュートリアルの最初を終えた。MLについての知識はまったく得られていないが、とりあえず動かすことを覚えたので、コンペティションに参加する前にさっそく実データを使って勉強することにした。

テーマは「日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信から日経平均株価の上昇/下降を予測できるか」ということで、直近5年間のインデックスの信用売買残を学習させてみようと思う。

ためしにランダムフォレスト法(?)でやってみたところ(そもそもこれがClassifyのテーマなのかも自信がない)、なんだかよくわからない結果が出てきた。そこまで的外れではないけれど「信頼できるか?」と言われたら絶対に無理なタイプ(ちなみに今週は「ニュートラル」とのこと。売買せず黙っておけ、ということ)。

その後いくつか学習の方法を考えながら、たどり着いたのがCoursera。無料トライアルを使って試しに受講してみることにした。修了証も発行できるし、英語のハードルを感じないのであればこれにしようかと考えているところ。ベビーを抱っこしながら視聴できるかはかなり怪しいけれど。