(見向きもされない)1000人の福沢諭吉
「1000万」に価値を一切感じない大会なんて、誰が想像しただろうか。
「お金を払えばよかった」という新しい時代の後悔について
ただ当時の有識者は気づいていないだろう。そのような聴き方をしたがゆえに「なんでこの作品に対してお金を払ってからファーストコンタクトをとらなかったのだろう」という、新しい種類の後悔があることを。
【レビュー,批評】11,000字のKREVA論〜ラップの<ノイズ>と<啓蒙>【けっきょく、J-POP】
KREVAが受け続けた誤解と不理解について、コボリなりに考察をしました。キーワードは<ノイズ>と<啓蒙>です。
【レビュー】w-inds.が「In Love With The Music」で見せた<2つの進化>
6月10日、w-inds.のニューシングル「In Love With The Music」が発売されます。
「デビュー15年目に突入し、ますます音楽的な進化を見せつけるw-inds.」と、オフィシャルがコメントしていますが、その「進化」について考えてみました。
w-inds.を再生させたプロデューサー。今井了介のベストワークス5選

ここ数年のw-inds.の人気向上に一役買っている、プロデューサーの今井了介氏(Ryosuke Imai)。じつは過去に、安室ちゃんの「R&B化」を推し進めたり、モー娘。のプロデュースも手がけています。

今回は、今井さんの数多いプロデュース作の中から、自分の青春に照らし合わせて選んだ5曲を紹介します。w-inds.で今井さんのことを知った方、必見だと思います。

お問い合わせ

イベントや執筆の依頼など、有償/無償問わずお気軽にお問い合わせください。