“笑う”芸人、“受け入れる”マツコ―『夜の街を徘徊する』感想と考察

マツコ・デラックスの町ブラ番組『夜の街を徘徊する』になぜか感動してしまいました。感動の理由を考え進めると、”受け入れる”というキーワードが脳内に出てきました。

マツコについて、誰も観ていない30分番組について、3000字を超える長文で語ります。
aiko「シアワセ」から読み取るメディアの性質(他者化)について
あたしのこの言葉が唇をまたいでいった後 意味を持ったままあなたの胸に残ってます様に (aiko「シアワセ」、ポニーキャニオン、2007年。) 最近、aikoにドハマリしている。それまで「ボーイフレンド」ぐらいしか聴かなか […]

お問い合わせ

イベントや執筆の依頼など、有償/無償問わずお気軽にお問い合わせください。