【ラップとRAP】vol.2 リズムの基本とフロウ・ダイアグラム(1)


英語のラップを練習するにあたって、ここでは簡単なリズムの知識と「フロウ・ダイアグラム」のローディングができることが必須であると考えます。とはいえ、難しいことではありませんし、皆さんがふだん自然とやっていることを頭で納得したほうが、このあとの練習もやりやすくなるはず、という考えに基づいて説明することですので、ぜひザッと確認してみましょう。

■拍=beat、小節=barについて

まず、どんな曲でも構いませんので、1曲流しながら合わせて手拍子をしてみてください。だいたい、その手拍子が1拍となるはずです。
分かりやすいように、手拍子と完全に同期するメロディになっている曲として、 童謡の「チューリップ」を例に挙げましょう。「さーいーたー」の箇所で、それぞれの言葉が1拍になっています。(Track1)

Track1

また、これも一般的ですが(ラップにおいては99%があてはまるので、これを絶対として進めましょう)、1拍が4回分で1小節になります。つまり、1拍、2拍、3拍、4拍のあとは、5拍、6拍、……、と進むのではなく、また1拍、2拍、……、と循環します。つまり、リズムというのは一直線的にただ進行するのではなく、ひとつの周期を繰り返しているわけです。

■「〜分音符」について

もうひとつ、リズムを理解するには4分音符などの「〜分音符」は押さえておきたいところです。
さきほど、1拍が4回分で1小節になることを説明しました。これを、1小節を基準として考えてましょう。すると、1拍は1小節の4分の1になります。これが4分音符です。つまり、1小節というひとつのかたまりを何分割したかによって、「〜符音符」かが決まるのです。
いま「分割」と表現しましたが、リズムの「分割」は「半分にすること」が基本となります。1小節(全音符とも言います)を半分にして、2分音符。2分音符を半分にして4分音符。4分音符を半分にして8分音符。8分音符を半分にして16分音符。ポピュラーなラップではだいたいここまで1小節を分割して捉えることが多いです。

16分音符までを理解してもらうために、「チューリップ」にもう一度登場してもらいましょう。「チューリップ」は手拍子と完全に同期する曲ですから、1拍=4分音符を並べて作った曲だといえます。つまり、このリズムを半分にすれば8分音符が作れ、さらに半分にすれば16分音符が作れるわけです。Track2、Track3は、Track1のボーカルを無理矢理切り貼りしたものです(笑)。Track2の「ささ」は8分音符を、Track3の「ささささ」は16分音符を、それぞれ表しています。

track2

track3


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA