w-inds.『FANTASY』は「クール」×「かわいさ」(簡易レビュー)


はじめに。
橘慶太氏、松浦亜弥氏に最大限の祝福を送ります。
ご出産、おめでとうございます。

w-inds.の34枚目のシングルとなる「FANTASY」が、2015年1月21日にリリースされます。
音楽バラエティ番組「魁!音楽番付Eight」の2015年度1月度オープニングアクトのようです。

現在、下記のサイトからMVも含めて視聴が可能です。
(参考:w-inds. 「FANTASY」|無料動画 GYAO!|音楽

「FANTASY」の感想と聴きどころ

この曲の聴きどころをザックリ説明すると、2014年7月にリリースされたアルバム『Timeless』の持っていた「クール」で「セクシー」なR&B路線に、w-inds.のこれまでの曲にあった「かわいさ」や「ハッピー感」をミックスさせた、まさしく「今のw-inds.でしか表現できない」ようなところです。

2014年の流行は、まさしく「Make You Mine」のような、もっと有名どころでいえばファレルの「Happy」のようなアーバンポップでした。
そして、2015年のw-inds.は、これをトレースするだけでなく、ちゃんと彼らの「味」を混ぜてきたところに、製作陣の想像力の豊かさや余裕を覚えます。
「幸せを詰め込んだレトロモダンなParty Tune」ってレーベル側の表現も、ちゃんと合ってるよ!

■Pharrell Williams – Happy

MVも同様にかわいい

MVは「カジノをモチーフに大勝ちした”幻想”=FANTASY」をテーマとしていて、音楽同様にMVもクールな表情を見せていたw-inds.のかわいい一面を久しぶりに楽しむことができるのでしょう。
まもなく30歳になるイケメン3人が笑顔でじゃれ合っている画が好きな方は必見。

次回予告(自身へのプレッシャー)

で、以前のエントリ(w-inds.「TIMELESS」ツアー雑感(9/11@国際フォーラム))で、w-inds.の歴史を語ると言っていたのですが、これをまだ書いていないことに気づきまして(笑)、現在概論を書いています。
明日には公開できると思うので、こちらもよしなに。

※書きました。以下の記事です。
w-inds.概論―w-inds.の最近の変化を5,000字で

といっても、「ヒップホップ」から「4つ打ち」を経て「ヒップホップ」に戻った、って話を長々とするだけですので、w-inds.ファンとJ-POP愛好家とジャスティン大好きっ子以外には響かないかもしれないです。
いや、十分すぎるか!