スクリーンショット 2015-07-22 18.49.25

miwa『ONENESS』〜「弱さ」を「強さ」に変える中低域のマジック【けっきょく、J-POP】


レコメン度:★★★☆☆

miwa『ONENESS』は、一部のファンだけが楽しむには、ちょっともったいないアルバムです。

全体的に軽さはある。しかし…

「音楽好きあるある」として、TSUTAYA渋谷店がレンタル半額を行う度に50枚ちかくアルバムを借りる、というのがあります。

ご多分に漏れず、コボリも同じタイプでして、前回のレンタルではmiwaを入れていました。何を隠そう、「Faraway」がものすごい好きだったんです。


(ギターがmiwaを弾いてもいいぐらいの、同じサイズ感。)

前作の3rdアルバム『Delight』もちょっと良かったんですよね。miwa自身、このアルバムに収録されている「ヒカリへ」で売れました。渋谷の複合商業施設がオープンした頃の曲です(関係ないけど)。


(ルックスで勝負しやがって!)

そんなmiwaさんの音楽が持っている一番の魅力は、「シンガーソングライター」でありながら「品のある雑食性」や「適度な拘りのなさ」を持っているところです。

たとえば、miwaの曲はギターやバンドの音だけで作られているものは少なく、打ち込みも多く入っています。また、「シンガーソングライター」でありつつも、『ONENESS』の作曲はNaoki-T(※1)との曲作である場合がほとんどです。さらには、今や当たり前ですが、ボーカル補正もガッツリあります。

これらを悪い見方から批評すれば、「ロック感が無い」とか「シンガーソングライターとしての矜持が感じられない」となります。また、「打ち込み(≒EDM)として物足りない」という感想もあるでしょう。

しかし、本作『ONENESS』ではそれらが全て「ポップで素晴らしい!」の一言に集約されます。

(※1)Naoki-Tは、ケツメイシの『さくら』以降のアレンジや、FUNKY MONKEY BABYSのアレンジを手がけているトラックメイカーです。って聞くと、「ああなるほどねー」というお友達もいるはず。この人、とにかく夏の曲が上手い!(笑)

ボーカルの「弱さ」を引き立てる中低域の使い方に脱帽

しかし、何故「ポップ」だと感じるのでしょうか。それはmiwa自身のボーカルの「弱さ」にある、とコボリは考えています。


miwaのファンクラブは「yaneura-no-neko」と言うらしい。憎さ余って可愛さ百倍。

控えめに言って、miwaは声量のある力強いボーカルでは全くありません。反対に、少しでも風が吹いたらかき消されてしまいそうな声です。正直、ファーストインプレッションは笑ったのを覚えています。

しかし、欠点もあるけれど旨みのある食材であれば、大事なのはどう料理するかです。この点で、Naoki-Tは素晴らしい料理人でした。miwaの「可愛さ」や「誠実さ/真っ直ぐさ(miwaはビブラートをあまり強くかけません)」がちゃんと分かるようなプロデュースをしました。

とくに関心したのは、中低域(ここでは300〜700kHzあたり)の音の使い方です。この音域は、「パワー」とか「力強さ」みたいな印象に関わり、人間の声はこの音域をたくさん含んでいます。

たとえば想像上のロック音楽は、この音域に全部の楽器が入っていてパワーを生み出すような印象があります。たまに膨張して聴きづらいときもあるほどです。

で、miwaの音楽は、この音域を出来る限りボーカルに割いているように聴こえるんです。他の楽器がこのスペースに入ったら、miwaの声の良さはすぐに消えてしまうから。

逆に言うと、ボーカル以外は中低域を削ることになるので、それがmiwaの音楽につきまとう「軽さ」の原因でもあると思います。たとえば、ラッパの音を生音にしたら、ラッパがmiwaに勝つ可能性があります。それならシンセでやったほうが正解です。

そうして全面に出てきたmiwaのボーカルが、楽曲を、アルバム全体を、ポップに華やぐものにしているのだと感じました。

けっきょく、可愛い。

という感じで、意外とmiwaが良いよ、という話でした。ちなみに、『ONENESS』の推し曲は「Faraway」や「恋の予感」。アルバム曲で言うと、「フィロソフィー」、「super heroine」です。

とくに「super heroine」は、曲こそ退屈ですが、安室ちゃんの「Baby Don’t Cry」に近いような感動がありました。アイドル的扱いを受けつつも、こういう曲を書けるmiwaさんが好きです。

あと、飯窪さんに似てて可愛い。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA