【diary】コメディアン/アーティスト/タレント/アイドル


モー娘。やJuice=Juiceの新曲をyoutubeで視聴した。モー娘。のほうは判断保留として、Juice=Juiceはかなり良い。最近のシングルが響かなかったので食指が動かなくなってきたが、やっぱりちゃんとアルバムは確保しておこう。

ちなみに、モー娘。新規メンバーの羽賀ちゃんのボーカルはとても心地良く聴こえた。音程はよくわからないが、自分でもそう歌うだろうなあ、みたいな共感値が高い。これはJuice=Juiceのさゆきちゃんも同じ。

あと、最近はやっとSURFACEのベストアルバムを借りることができて、よく聴いている。こういうバンド、今少ないよなあ。BRADIOはそこを埋めてくれる、最近のお気に入り。アニメのタイアップをしてるのを先に知っていたら無視していたけれど、そういう偏見はやっぱり損だということ(でも辞めないと思う)。

今日は3つぐらいテレビを観ていた。

ENGEIグランドスラム(7/12放送)

前回の第1回は「何らかの大会で優勝した芸人のネタを再放送する」というだけの、正直に言えば面白さの欠片も無い番組だったが、第2回にあたる今回は控えめに言ってもメッチャ面白かった。中でも、渡辺直美のビヨンセは腹を抱えて笑った。面白い脚!

アーカイブは「ENGEI グランドスラム 第2弾 – 笑いまみれ・はなこば日記」を参照させていただくとして、この中に「タカアンドトシ」、「ますだおかだ」、「テツandトモ」、「海原やすよ・ともこ」あたりが入っているのは本当に良かった。最近のフジテレビは、楽しいことを楽しいままに出すのは上手い、と思っている。下手なドキュメンタリー路線やスポーツ路線に行かず、こうやって素直に楽しめる番組を作ってくれれば言うこと無い。

にしても、テツandトモ凄かったなー。一度生で観たくなってしまった。

しくじり先生(7/15放送。前田由紀、平野レミ)

元Whiteberryの前田由紀が、アイドル的扱いを受けていたバンドを捨て、いわゆる「バンドマン/アーティスト」として活動するも上手くいかなかった話。一応、自分も音楽をやっているので(稼いでいないので趣味レベルですが)、彼女の話はよく共感できるし、最後のオチは結構感動できる。

しかし、それ以上に切実だったのは、彼女がシンガーソングライターとしてあまりに才能や実力が無いことだった。歌声こそ特徴的(ただし、それもキャラクタの範囲内だ)ではあるが、そこで歌われるメロディと歌詞は全く心に響かなかった。だからこそ、何年もWhiteberryと戦い、オリジナリティを獲得しようともがいていたのだろう、とも思う。切なく、残酷な感情を頂いた。そして、それは俺も同じだ。

まあ、「お前の作っているラップもどきの玩具みたいな曲はどうなんだ? 個性的に見えるようにするばかり考えて作られたそれは、誰かの心に響くものなのか?」と問われてもアンサーはもう決まっている。うるせぇ

平野レミはいつも通り大好きだ。芸人と絡んでるのはあまり見なかったので、春日役にされたり、吉村(澤部かな?)に「キャシーだ!」とツッコまれていたのは笑った。

ナカイの窓(7/15放送。俳優芸人)

結局、「俳優芸人」なんてどうでもよくて、つまるところ「<俳優>で<芸人>の中居正広」についての回だった。

「バラエティが一番難しい」、「バラエティのほうが芝居。キャラに入ってる」と毎度のように貴重な発言をバンバン出す中居くん。これはあとでまとめ直してもいいぐらい。ちなみに、アンジャッシュ児島が中居くんに「歌下手だろ」とツッコんでいたのは驚いた。そんなにイケる!?


先週、父方の祖父が亡くなった。ウェブ上では記録として。本当に大事なことは、身体が忘れない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA