27時間テレビで本当に始まった、フジテレビの「ピンチ」【バラエティがまだ在るなら】


今年は、「あ、27時間テレビやってたの!!」という驚きから、「さんま×中居」でスタート。こんな事は初めてです。

そんな今回は、面白い場面もたくさんありました。しかし、全てを振り返ったときにまず出てきた感想は、「たしかに、これはフジテレビ嫌われるな…」でした。

なぜそのような言葉が出てきたか。それは、あまりにもコントロールのされ過ぎたハプニングにあると思います。

ハメたがる『めちゃイケ』

今回、印象的だったシーンがありました。深夜3時代の「お台場のカイダン 本当にあったフジ縛霊の怖い話」で、フルーツポンチがフジテレビ(のスタッフ)に対する不満を紹介したシーンです。一応、簡単にあらすじを記録しておきましょうか。

フルポンがはじめて『めちゃイケ』でネタ見せをするチャンスを貰ったとき、「フリートークがあやしい」ということで、ディレクターのカガリDと綿密な打ち合わせをしました。

しかし収録当日。あまりの緊張からか、打ち合わせをまったく無視したフリートークをしてしまったフルポン。収録後、帰りのエレベータに乗ったフルポンに、カガリDから「あのトークの件は致命的なミスやったけどな」と一言。これが衝撃的だったようです。

とまあ、この内容はどうでもよくて(笑)、本題はこれをテーマにしたフリートーク中にあります。以下、重要な箇所を書き起こしますと、

たむらけんじ「(カガリDは)ハメたがるんですよ。こう来るから、こう、こう…って。
ウーマン村本「めちゃイケのスタッフさんはそうですよ。『こんなボケどうですか?』って言っても、『俺は岡村を知っている』みたいな」フ
[…]
フルポン村上「実際どうでしたか? そんなにミスでしたか?」
カガリD「まあ、『どっちにいってもウケるでしょう』という、僕の中の想定はあった気がするんです。『絶対スベりようが無いな』って思って、トークも考えてた」
中居「やっぱり、ハメたほうがいいんですか?」
カガリD「どっちいっても一応保険が効いてる、ってほうが芸人さんのために良いかなって。両方イケるように準備してたんですけど…(他の芸人に話取られる)。どっちもイケるはずだったんですけど、『あ、スベるのもあんねや』って印象でした」
フルポン村上「(立ち上がって)いや、スベってはない!」

もちろん笑い話の一つですから、この発言ひとつを取り上げて以降の考察を進めていくのはちょっと極端です。しかし、笑い話で済ませるほどに軽い発言でもない、というのがジャッジです。

ハメられたハプニングは面白いのか?

で、今回の27時間テレビは、その「面白くなるようにハメていく」という『めちゃイケ』ひいてはフジテレビの姿勢が、裏目に出たような気がしました。

言い換えれば、今回の27時間テレビのテーマである「本気」が、「面白くなるようにハメていく」という姿勢とバッティングしているように感じたんですよね。

たとえば、27時間テレビの様々な場面を思い出すと、「早朝のフジ本気ロックフェスティバル」の野爆川島。「TED×27hTV」のカンニング竹山、出川哲朗。「テレビのピンチをチャンスに変えるライブ」の「No Limit」無限リピート。

「つまらなかった」とは思いません。

しかし、面白さ以上に「ハメ」の思惑を強く感じとったことは事実です。笑いつつも、ちょっと冷めながら見ている自分がいました。

とくに「No Limit」のシーンは複雑な気持ちで見てました。それなりに面白かったのだけれども、どうしても「マッチポンプ…じゃね?」という考えが頭をよぎったり。

裏番組では、奇しくも(作戦か)、イモトアヤコがマッキンリー登山を成功させ、その「本気」ぶりを魅せつけることになりました。

あの日の一般的な視聴者なら、たしかに日テレのほうに気持ちがいくだろうし、フジテレビの姿勢がより悪い方向に捉えられてしまうのは仕方なかったと思います。

震え上がったホンキーマンJr.のプレゼン

もうひとつ、衝撃的だったシーンがありました。というか、このエントリはこっちが本題です。上の話はニュースサイトでも同じようなことが書いてあります。

震え上がりながら聞いたそれは、「TED」でのホンキーマンJr.(寺田心くん)のプレゼンです。

まず、ホンキーマンJr.(以下Jr.)のプレゼン前から恐怖は始まりました。全てのプレゼンが終了した後、中居くんがJr.に訊ねます。

中居「ホンキーマンJr.も何か思うことってあるの? 感じたこととか」
Jr.「うーん?」
中居「言いたいこととかあるの?」
Jr.「どうかな?」
中居「言ってみる?」
Jr.「いや、ムリムリムリ!」
矢部「そりゃそうやわー」
中居「じゃあ止めておこうか? 無理しなくていいんだ」
Jr.「でも、上手くできるか分からないけど、やってみます!」

寺田くんの大御所っぷりも相まって、身体の底から震えが始まりました(笑)。一体何が始まるんだ。

壇上に上がるJr.は、次のようにプレゼンを始めました。

皆さん、こんにちは。ホンキーマンJr.です。

ぼく、今日はほんとうに楽しかったです。テレビを見てこんなに笑ったのははじめてです。テレビのお仕事でこんなにも笑ったのもはじめてです。

だからぼくは、みなさんのプレゼンを聞いてわからなくなりました。

ほんとうに、テレビはピンチなんですか?

「止めて! コボリのライフはゼロよ!」でしたっけ? そんな感じで死にそうになっているところに、Jr.は畳み掛けます。

岡村さん。おちゃらけてなんかいないですよね。なんだかスゴく一生懸命なの伝わりました。

竹山さん。写真、出てくるたびに笑っちゃいました(注意:写真は、FLASHがスッパ抜いた竹山の不倫のやつ。裸の写真)。テレビに限界なんて、無いんですね。

淳さん、それから亮さんも。ドキドキするテレビ、ありがとうございました。(ここで泣けるインストが鳴り始める)

(ホリケン、光浦にもコメントを投げかけて、)

劇団ひとりさん、ザキヤマさん。超ウケました。

出川さん。ほんとうに、ほんとうに面白かったです。

だからぼくは、皆さんのプレゼンを聞いて、テレビは今ピンチじゃなくてチャンスなんじゃないかな、と思いました。

だって、今日のこのTED、最高に面白かったから。

これからも、皆さんの力でもっと、もっとテレビを面白くしてください。

ぼくのプレゼンは以上です。ありがとうございました。

この後に、加藤浩次とのやり取りもあったりするんですが、ちょっと精神力が切れかかってきたので止めます(笑)。

「ハメ過ぎ」の極北。あまりにピュアすぎるバラエティ

正直言って、かなりヤバいと思いました。巷で言われる、フジテレビの末期感みたいなのが出た瞬間でもあります。

当たり前ですけど、このプレゼンは寺田心くんが考えたものではありません(俺は見切ったぞ!)。バリバリにフジテレビのスタッフが作ったものです!

つまるところ、このホンキーマンJr.のプレゼンは、フジテレビからフジテレビへ送った、自己肯定のラブレターです。「お前、良い男だよな」って手紙を瓶に詰めて海に投げて、満潮で回収して読み直すような、そんなホラー感さえあります。

「面白くなるようにハメていく」ということをピュアに進めていった結果、フジはここに辿り着きました。

ちなみに、上のようなシーンはもうひとつありました(ホンキーマンほどではありませんが、両手両足ぐらいは震えました)。

それはグランドフィナーレの終盤。司会を務めたナイナイと中居くんの3人の誰もが、視聴者以上に、スタッフや出演者に対してコメントをしていた場面です。

「あれ、打ち上げも放送されるのかな?」と、まさかテレビを観ていてこの種類の疎外感を感じるとは思わなかったです(笑)。

これでフジテレビを嫌いになるほど単純にはできていませんが(笑)、あまりにもピュアすぎるその姿勢に苦笑を混じえざるを得なかったことはったと思います。

本当のピンチは、この27時間テレビで始まりを迎えた。そう語られる日がいつか来るかもしれません。


6 Comments

  1. 初めてコメントさせていただきます。
    今回の27時間テレビはいろいろ難しかったと思います。
    去年はSMAPがライブをノンストップでやって注目を集めたりして、『SMAP』らしさが出てて面白くなったのだと思います。
    『めちゃイケ』らしさ、という文字にしてしまうと簡単ですが、それを表現するのが今年は最後までできなかったのかなと。
    でも、27時間テレビの裏番組が視聴率が良かったとニュースになっても気にしないで欲しいです。
    スポンサーや視聴者の批判はこれから何年も嫌でも付いてくるものでしょう。
    ルールも厳しくなっていく一方です。
    ただ、私自身、テレビはいつまでも楽しくあってほしい。それは変わりません。
    フジテレビの番組を多く見てきた自分としては、今の状況はとても他人事とは思えません。他局がやっているような番組を追いかけるようなことはフジテレビにしてほしくない。いつか、「視聴率なんて関係ない!見てくれる人が楽しければそれでいい」と吹っ切れた番組を見てみたいです。
    来年は30回目ですのでたくさんの方が面白いと思えるような番組になるように、そしてフジテレビだけにしか作れないものを期待しています。
    下手な長文失礼しました。

    1. コメントありがとうございます。こういう感想が読めるので、ブログやって良かったです。

      「『めちゃイケ』らしさ」って何でしょうかね。子供時代に、あまり『めちゃイケ』を見てなかったので(今で言う「リア充」っぽさを感じて敬遠してたんです)、難しいところですが…。
      ただ、その「らしさ」が悪い方向に出てしまったんだ、というのが自分の見立てです。『めちゃイケ』自体が時代に合わない、とも言えますが…。

      来年が30回目なんですね。気合入りそう(笑)。
      なんだかんだで楽しみです。

  2. 27時間テレビで検索して、たどり着きました。
    考察を拝読してスッキリとした気分になりました。

    めちゃイケの番組の作り方に数年前から窮屈さを感じていて、それが徹底的にコントの台本のような制作の仕方だったのかなと感じています。
    今、いきいきとしている番組ってもっと失敗や事故を活かすようにするか(有田チルドレンなど)、取れ高の数十倍のテープから素材を編集するというやり方(水曜日のダウンタウンなど)が主流だと思うんですね。
    めちゃイケのやり方だと純然たるコント番組ならそういうものだと見れるけど、ドキュメンタリー仕立てにされると途端に冷めてしまう。
    そりゃあ、ほかは編集してるとはいえ台本のない、台本の薄いものから構成してるんだから見劣りしちゃいますよね。
    わかりやすい努力や苦労、挑戦をあてがうことによって本気度、汗をかいてる度を演出したんだと思いますが、他局だって膨大なテープの中から制作して汗かいてますもの。
    日テレに関してはそれこそその挑戦という部分で遥か上を超えてしまっているし。
    今は他局のほうが視聴者を欺くこと、もしくは共犯関係に持っていくのは上手ですよね。

    でも、まだフジテレビというかめちゃイケの制作って変われないと思います。
    2桁は取ってしまったわけで、もっとやらかした数字をとったほうがなんとかなる可能性が見込めたと思うんですがねえ…。

    1. コメントありがとうございます。
      twitterでもブログでも炎上する昨今ですが、リラックスしたコメント欄にガッツポーズしております。

      仰る通り、27時間テレビは「有田〜」や「水曜日の〜」とは毛色の違った、というか正直言って「古い」匂いがしますよね。
      27時間テレビ=めちゃイケも失敗や事故を狙っていましたが、「手のひらの上」の事故にしか見えなかったのがマズかったのかもしれません。

      手前味噌で恐縮なのですが、中居くんに凄さが語られたときをメモした記事がありまして。
      http://koboriakira.com/2015/01/26/675/
      これをもとに考えると、27時間テレビは「用意された脱線」しか準備できなかったんだと思うんです。
      フェイクの中にリアルがあったり、リアルの中にフェイクがあったりするから、熱中するんだと思うんですよね。AVと同じ論理になっちゃいましたが(笑)。

  3. 高橋維新センセイにとっての「面白い」は多分こういう台本ガチガチの中で生まれる笑いなんだろうなぁ、と
    それを否定はしないですけど生放送の27時間番組でやることではない気がします

    1. コメントがポツポツつきはじめて、本当にいい感じのブログをやらせてもらってます。ありがとうございます。

      たとえば、『さんまのお笑い向上委員会』はどうなんでしょうかね。
      さんまがいるからOK、って感じなのか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA