reboot / 内村文化祭

ブログ執筆からかなり遠ざかっていましたが、この1年間ほどはエンジニアとして楽しく過ごしていました。現在やっと「使えないエンジニア」レベルになったぐらいでして、業界の方々と普通に話ができるぐらいになってきました。

今回のWordpressは、自分でテンプレートから作成することにしました。これまでだとphpファイルとcssファイルを書いてFTPにアップロードしていましたが、今はgitを利用したバージョン管理、gulpを利用したタスク自動化(npmによるパッケージ管理も含みます)など、開発まわりの環境をちゃんと整えることができて満足しております。

たとえばテーマを変更してから今日までに2,3度改善してきましたが、バージョン管理をすることによって「今回はこの機能開発をやろう」となり、開発したあとはgulpコマンドを呼び出せば自動でFTPにアップロードまでされるため、大変簡単に運営できております。このあたり、少しずつブログにも投稿できれば。

音楽活動のほうはスッカリ止まってしまいました、、、に見えるのですが、実のところ最近は忙しくさせてもらってまして、とはいえこれは個人活動でなくグループ活動で、しかも偽名での活動を始めてしまったので、「いつバラせばいいのだろう、、、?」とか思っているうちにこんな時間が経ってしまいました(笑)。もう面倒くさいので一切明かさずにやってみようかしら、と思っています(ヒップホップ的には「a.k.a」でもいいんですけど、いわゆる別称でもないし、かといってスリム・シェイディみたいな別人格でもないし、自分でもさっぱり分からない人格を動かしている気分)。

ただできれば2018年には自身のアルバムをちゃんと配信できるようにしたいと思い、せこせこ作るようにしています。ポリリズムかつポップなラップアルバムになると思うので、よろしければチェックいただけると幸いです。


10月30日、内村文化祭を見に草月ホールへ。

「あ、ウッチャンが目の前にいる」と思っている間に全てが終わってしまいましたが、「内村光良がやりたいことをやる」というテーマの通り、「やりたいことをやるウッチャン」と「やりたいことをやるウッチャンを見ていたい人たち」という関係性の中で、幸せなだけの時間が延々と続いていました。悪い言い方になってしまいますが、面白かったかどうかはどうでもよくて、あの場には「愛」だけがあったような気がします。

それからまた『内村さまぁ〜ず』を繰り返し見ていますが、いまだにあの光景が本物だったのか、ちょっと信じられないぐらいです(ちなみに言うと、入場するときにさまぁ〜ず大竹とも遭遇してしまい、半分意識を失いかけながら入場したことは覚えています)。また来年もやりたいそうなので、とりあえず来年もチケットを確保するようにしないと。