【DJイベント】4/20(木)w-inds.特集DJパーティー ジャイアンナイトpresents 「ウインズナイト」

twitterまたはこの記事コメントでの予約を承っています!
みなさまにとっては入場料がすこし安くなりますし(「こんな割引じゃ足りない」って言うなら、アルコールでお釣りを返すまでです)、やる側としては安心した気持ちでパーティができますので、ぜひ予約いただけると助かります。★

■2017年4月20日 木曜日

w-inds.特集DJパーティー ジャイアンナイトpresents
「ウインズナイト」

●会場:
下北沢 ろくでもない夜

●時間:
OPEN 18:30
START 19:00
(21:30終了予定)

●出演:
パフォーマー・ダンサー
笑笑子

ゲストダンサー
mika
MAHIRO

DJ
ジャイトラ

ゲストDJ
コボリアキラ(http://koboriakira.com/)

●チケット:
前売 2000円
メール予約 2300円
当日 2500円
(1ドリンク代別)

☆★プレイガイド近日発売予定★☆

<お得な割引>
★ジャイアン名物
【ウインズ割】
3人1組でご来場された方は3名5000円でご入場頂けます
(メール予約のみ。ウインズ割希望とメール予約の際に明記してください。ドリンク代金は別途。)

※DJイベントになります。アーティストの出演はありません。ご了承ください
※出演者や内容は都合により変更となる場合があります
あらかじめご了承下さい
※ご質問等はメール予約先へお気軽にご連絡ください
——————————
【チケットメール予約先】
sasuke.yoyaku@gmail.com

件名に「0420ウインズ」

本文に「名前・枚数」を記入して送信して下さい
※当日受付でお名前を告げるとメール予約料金でご入場頂けます

——————————
【会場アクセス】
下北沢 ろくでもない夜
東京都世田谷区北沢2丁目6-5 ルイビル3F
(LIVEHOUSE下北沢屋根裏跡地)
03-6804-9567
——————————

数学の問題をつくる仕事からプログラムを書く仕事に転職しまして、以前のようなペースでブログを書くこともなくなり、代わりに技術書を毎日のように読み漁る生活を送っています。

そんななか、不思議な縁がありまして(友人の益若つばめさん経由で)、w-inds.特集DJイベントに呼んでいただきました。

過去には「w-inds.概論―w-inds.の最近の変化を5,000字で」なんて記事も書いたりするぐらいにはw-inds.が好きだったので(遅咲きの、「HYBRID DREAM」から合流した派です。自分ぐらいか・笑)、なんというか、「まあ俺がやらないとな」という気持ち半分、「ただのファンなのにDJやらせてもらってありがとうございます、、、」という気持ち半分です。

久々のw-inds.オンリーDJなので、「最近w-inds.がカッコいい、って聞いて追い始めました〜」様から、「こちとら『Try Your Emotion』の頃から追ってるわ!」様まで、全員巻き込めるような内容でやろうと思います。あまりデカいことは言わないタイプですが、多分ワタシにしか出来ないタイプのDJになると思います今回。

以前には、w-inds.の大ファンである友人2人(彼女たちはその後、Da-iCEのガチヲタ、モー娘。のガチヲタへと進化を遂げています。よくわからないけれど、めちゃくちゃ楽しそうに生きてるのだけは伝わってくる。私なんて、週に一度の『水曜日のダウンタウン』ぐらいしか楽しみがないです)と一緒に「w-inds.BAR」というイベントを仕掛けたりもしまして、これがまあまあ盛り上がりました。

個人的には、「w-inds.BAR」以上にやる側もお客さん側も楽しかったイベントはまだありません。今でもときどき思い出しますが、なんであんなにバイタリティがあったのかも謎です(笑)。あのときは「絶対にw-inds.はクラブで聴くべきだ。そうしないと分からないことが沢山ある」という使命感で行動していたからですかね。

で、今回は自分も大人になりましたので(笑)、孤軍奮闘しているような気持ちではなく(いまはKREVAのことを考えるときこの気持ちになります)、同じファンとして「いい曲多いですよね。せっかくならいろいろ流して遊びましょ〜」ぐらいの余裕さでやるような気がしています。

とはいえ技術とセンスは磨き続けておりました故、「今回が一番アツかった!」と言われるよう頑張りたいと思います。予約の上限もあるそうなので(66人)、もしよろしければ「コボリのDJで飲むために予約した」ぐらい書いてメールいただけると、運営の方も安心して私にDJをさせてくれるかと思います(笑)。まずは『INVISIBLE』の発売が待ち遠しいですね〜。(※追記。『INVISIBLE』、とんでもない良作でした。そろそろ周りが勘付いた頃、って感じですよね。)