koboriakira.com

ホモ・サピエンス

April 25, 2020

2020年4月18日、土曜日。

昨日は寝れずに『Clean Architecture』を読んでいたため寝るのが朝6:00頃だった。それでも眠れなかったので、なにかを聴きながら寝ようと思ってAmazon Audibleに契約。DaiGoの音読本ばかりが売れているなか、『サピエンス全史・上』を買ってみた。

歴史とくに人類史に疎いので、布団のなかで第1章の「認知革命」を聴いているだけでも知らないことばかりだった。たとえばホモ・サピエンスの「前」にホモ・ネアンデルターレンシスがいると思っていたが、そうではなく複数種類の人類がいること(こんなの当たり前の知識なのだと思う。たとえば「2001年のM-1には一般審査があった」とかは、私にとって当たり前の知識だ)。

聴きながら寝落ちしたので他は忘れてしまったけれど、寝る前の感覚はよく覚えている。「135億年前から2020年に生きる自分」を見ていた。正確に言えば「2020年に死ぬ自分」を想像していた。ワニの話?


そんなままダラダラ寝ていた13:00頃。唐突に配偶者が自分を呼んだ。向かってみると、どうやら破水が始まったらしい(このブログには明示していなかったけれど、無事に産まれたので以降は書ける。4月から有給をとっていた。このあとは育休が1年ある)。

昨日も破水のような出来事があって通院したため、なんとなく準備はできていた。とりあえず荷物を入れて、タクシーで病院へ。本来であれば一緒に院内に付き添いたかったのだけれど、緊急事態宣言中なので妊婦以外は院内にも入れない。送り届けて、そのまま自宅へ戻った。

雨風が強く、人通りの少ない日だ。帰りしな食洗機の洗剤と浴槽の洗剤を買って戻ったが、すぐにどこかに失くしてしまった。それなりに動揺している証拠。

戻ってからはしばらく部屋の掃除をしたり、買っておいた新生児用の道具を準備したりした。本来であれば5月に生まれる予定だったのが2週ほど早まったので、まだ準備のできていないもの多い。

しばらくすると配偶者からLINEが届いた。陣痛がひどく痛かったようで、麻酔をしてからは落ち着いたこと、出産中に聴きたい音楽リストを作っていることなどを話す。

22:00頃から出産が本格化することを伝えてもらい、22:25を境目に連絡が途切れた。テレビで観る出産シーンが繰り広げられているだろう。


落ち着かないので、はじめて自宅待機の指示を破って外へ。すこし散歩をして帰ってきた23:00頃、配偶者からLINEが届いた。

40秒ほどの動画の中には、新生児が映っていた。息子がモニターの向こうにいる。スピーカーを割るような産声だった。


Kobori Akira

IT業界の社会人。音楽、パッカーズ、スワローズ、ポーカー。
読む価値のある記事はQiitaやnoteに投稿する予定です。
過去人気だったブログ記事はこちらから。